七尾港開港100周年・七尾市制施行60周年記念事業
七尾港開港100周年 記念式典
「前夜祭」・第28回七尾市民音楽祭
                七尾港まつり協賛 第22回「軽音楽の夕べ」
「夏の夜のサウンド」
ジャズからコーラスまで


日時:平成11年7月11日(日)  午後6時 開場  午後7時 開演
   場所:七尾港府中緑地(府中埋め立て地) 特設大テント
主催:七尾市民音楽祭実行委員会
共催:七尾市、七尾市教育委員会、七尾市文化協会
主管:七尾市文化協会音楽部会

ごあいさつ        七尾市文化協会 会長  石垣 宏(七尾市長)
 盛夏の時節、潮騒のさざめくこの府中緑地が、公園として整備されるにはまだ1年先のことになりますが、本日特設会場のこのテントにお集まりいただきました皆様とともに、七尾港開港100周年記念式典『前夜祭』として、"第28回七尾市民音楽祭 「夏の夜のサウンド」"のコンサートを開催する運びとなりましたことを心から慶びたいと思います。
 この事業は、七尾港開港100周年・七尾市制施行60周年記念の年への祝意を表すると共に、七尾港まつり協賛『第22回軽音楽の夕べ』を併せて、従来の出演・製作にかかわる団体数を大幅に拡充しながら、演奏水準の向上と市民への多様な音楽の普及を目指して企画されたものであります。
 この事業の企画立案から本日に至る諸準備に当たられました実行委員会の皆様に対し、深く敬意を表するとともに、ご参集の皆様には最後までごゆっくりご鑑賞下さいますようお願い申し上げて、記念式典『前夜祭』 "第28回七尾市民音楽祭"のごあいさつといたします。

 ごあいさつ    第28回七尾市民音楽祭実行委員会
              会長  松岡 清(七尾市文化協会理事長)
 七尾市初の巨大テントであるこの会場、しかも暑さを忘れて多くの皆様をお迎えし、七尾港開港100周年記念式典「前夜祭」と云う意義深いタイトルで、盛大に第28回七尾市民音楽祭を開催できますことは大変喜ばしく、心から感謝と敬意を表したいと存じます。   「夏の夜のサウンド」「ジャズ〜コーラス」「巨大テントにて」と、いくつものタイトル・サブタイトルをつけて、生き生きと胸を張って華やかにオープンいたします。お集まりの皆様と共に、その歴史の重さと奥深さを楽しみ乍ら、ゆっくりと七尾港が明治32年7月12日、国の開港場に指定され、今年で100年目を迎える年を味わいたいと存じます。
 さて、前回の市民音楽祭のプログラムは、日本音楽と云う曲目に特徴がありましたが、今回は俗に云うポピュラー・ミュージックであるところに大きな違いがあります。しかし、音楽はどんなジャンルであろうと、会場の皆様とステージの演奏者が一体になる事が一番大きな願いでございます。
 どうか、「今迄の努力の結晶」と自負して演じますので、最後まで楽しみ、くつろいで下さると共に、文化協会の諸々のイベントに温かいご理解とご支援をお願いし、ごあいさつとします。


     プ ロ グ ラ ム

【オープニング】  詩情の半島!
 ◇コーラス    「能登の夢」        俊友会合唱団&ドルチェ・ママ
【PART 1】  ときめきはポップスで!
 ◇ポップス    「タイタニック」
   &ボーカル  「ツー・ラブ・ユ・モア」
          「オールウエイズ・ラブ・ユー」     70ラブサウンズ
【PART 2】  鳥木さんと歌おう!ドルチェ・ママ
 ◇女声コーラス  「時代」
          「海はみんなのもの」           ドルチェ・ママ
【PART 3】  ジャズでエキサイティング!
 ◇ジャズ     「ウェーブ」
          「オン・グリーン・ドルフィン」
          「テイク・ザ・コルトレン・ストリート」      NA6
【PART 4】  熱唱! 思い出のメロディ
 ◇混声コーラス  「故郷の四季」より『夏は来ぬ』、『我は海の子』
          「私の願い」より『雲雀にかわれ』      俊友会合唱団
【PART 5】  競演! 和太鼓と
 ◇ブラス     「ジャパニーズ・グラフィティ」
          「海鳴り」                 七尾吹奏楽団
【エンディング】  ピアノで! フォルテで! 合同演奏!
 ◇コーラス    「大地賛頌」      俊友会合唱団&ドルチェ・ママ
   &ブラス   「翼をください」             &七尾吹奏楽団


【オープニング】  詩 情 の 半 島 !

 ◇コーラス    「能登の夢」         俊友会合唱団&ドルチェ・ママ
                            指 揮  中村はじめ
                            ピアノ  上田 昭子
                            作 詞  森繁 久彌
                            作 曲  岩代 浩一
◆故郷の叙情歌「能登の夢は」、平成元年に社団法人七尾青年会議所創立30周年を記念して森繁久彌が作詞、翌年に森繁久彌の舞台音楽を数多く手がけ、親交のあった岩代浩一により作曲された。詩作にあたっては森繁久彌自ら七尾を訪れ、能登の風土・人情にふれており、情感のこもった叙情的な作品となっている。
◎私たち合唱団はこの歌を全国へ広めようと、ことあるごとに歌っています。平成8年に金沢の石川県文教会館で行われた、石川県合唱連盟のアンサンブルコンテストではこの「能登の夢」を歌って金賞及び副賞のベストドレッサー賞をいただきました。


【PART 1】  と き め き は ポ ッ プ ス で !

 ◇ポップス    「タイタニック」
   &ボーカル  「ツー・ラブ・ユ・モア」
          「オールウエイズ・ラブ・ユー」      70ラブサウンズ
       70 Love Sounds & Aileen

70ラブサウンズメンバー
  テナーサックス 藤井  明    アルトサックス 片岡 孝志
  トランペット   林  繁和     キーボード   川越 博伸
  ギター      森   光     ベース     宮西 芳文
  パーカッション 江沢 恵巳     ドラムス    沢井 裕行
  バックコーラス 伊藤 有里子   ボーカル    ナルカ・アイリーン

今回は、海をテーマにし「タイタニック」より愛のテーマに取り組んでみました。
お馴染みの曲なので、映画の様な雰囲気が出せるか少し心配ですが、がんばりますので応援して下さい。


【PART 2】  鳥木さんと 歌おう! ドルチェ ・ ママ

 ◇女声コーラス  「時代」
          「海はみんなのもの」            ドルチェ・ママ
                  指揮  平場 文夫   伴奏  北山 雅実

◆曲目解説
1.時 代        作詞・作曲  中島みゆき  編曲  倉知 竜也
 今はこんなに悲しくて、涙もかれはてて、もう二度と笑顔にはなれそうもない………と歌い出す。その裏にはこれからも力一杯生き続けてこの時代をのり切りたいという力づよい決意が…………

2.海はみんなのもの   作詞・作曲  橋元 道彦  編曲  北山 雅美
 海とは切っても切れない係わりをもっている私たち日本人。海へのあこがれ、海への不思議、海のもつ強大な自然を親しみをもって歌い上げた、いわば大人のための童謡といった感じのオリジナル曲。創作劇「潮の香の道」へ贈るための私たちドルチェ・ママの指導者橋元先生が作って下さいました。

ドルチェ・ママ◎ドルチェママ
 市制施行60年間のうち約半分の29年間、地道に歌い続けて来た女声コーラスです。
 初代指揮者の(故)中山清孝氏に指導受けて以来、もう30歳近くになりました。その間約100人もの団員が育ち上がり、今もこうして歌い続けております。これからも努力してがんばります。

◆出演メンバー 
ソプラノ                 メゾソプラノ              アルト
稲垣二三子   上島真知子     尾古富美子  北原ヒロミ      伊藤 郁子  大森 陽子
河合百合子   三味 春美     白藤 文代  萩原八重子     北野 昌子  木村 淑子
佐竹 麗子   笹山 洋子     野見 芳子  前田ヨシ子     佐伯 弘子  古田 良子
笹川 清美   古一 高子     森山 典子  森田きよみ     村本 道子

鳥木弥生◆鳥木弥生
七尾市立御祓中学校、県立辰巳ヶ丘高校、武蔵野音楽大学声楽学科、卒業。ロシア・サンクストベルグ、ユーゴスラビア・ベオグラード等コンサートを行う。オーケストラ・アンサンブル金沢には新人登竜門コンサートをはじめ多数出演。遠藤伊都子、前田圭子、佐伯真弥子、郡司忠良、エレナ・オブラスフオワ各氏に師事。さかのぼること24・5年前、母順子さん(ドルチェ・ママ団員)に背負われ抱かれながらドルチェの合唱練習に参加した。





【PART 3】  ジ ャ ズ で エ キ サ イ テ ィ ン グ !

 ◇ジャズ     「ウェーブ」
          「オン・グリーン・ドルフィン」
          「テイク・ザ・コルトレン・ストリート」       NA6
◎NA 6
 ジャズが好きで集まったジャズコンボです、和倉で開催される『Monterey Jazz Festival』の前座に何度も出演。今年も出るよ!世界的なジャズピアニスト板橋文夫and七尾が生んだ箏奏者竹澤悦子と共、大橋巨船の娘『CHIKA』(Vo.)のバックバンドをほんのちょっとさせていただいたり、その他色々なイベントに出演させていただいています。

柿島 秀吉 Hideyoshi kakishima (ピアノ) 人生を楽しむ人です。当バンドで唯一音楽を生業としている、高校音楽講師、ピアノ塾、PCゲーム音楽制作、市民創作劇・「ザ・シーサイド・マンヨー七尾」の『猿神伝説』・『潮の香の道』・『七尾城物語』舞台効果音楽、YOSAKOIかいかい祭り音楽アレンジ、ミュージカル「鬼姫」等の音楽制作をしています。 昔は、クラシック音楽も弾けました(本人談)

中村 資明 Motoaki Nakamura (ドラム) 中島で酒屋をやっています。見た目と実際の年齢がかけ離れています。何歳でしょう?根っからのJazz人間?

坂井 重成 Shigenori Sakai (アルトサックス) 現職英語教師です。
ときたま、ぶっ飛んだフレーズを吹く、学校でもぶっ飛んでいるのだろうか。

谷田 登 Noboru Tanida(テナーサックス) 鈑金屋です。車の鈑金修理は谷田鈑金へ。なかなか、新しいフレーズが出てこないのが悩みみたい。極真館空手もやっている。パワーがあるぞ。

横山 茂弘 Shigehiro Yokoyama (ギター) あなたの町のギタリストです。Jazz歴は短いのですが、なかなかどうして、かっこいいフレーズが出てきますよ。

藤原 彰玄 Shogen Fujiwara (ベース) 坊主です。仏法を聞きましょう。リズムは悪い、音程は不正確、でも4ビートをこよなく愛している人。


【PART 4】  熱 唱 ! 思 い 出 の メ ロ デ ィ

 ◇混声コーラス  「故郷の四季」より『夏は来ぬ』、『我は海の子』
          「私の願い」より『雲雀にかわれ』       俊友会合唱団

◎ごあいさつ
 私たち俊友会合唱団は今年で5年目を迎える事ができました。12名からの発足でしたが団員も増え日々の練習も充実し、年間数ステージを持つに至っております。
 今日は皆様におなじみの歌から「夏は来ぬ」と「我は海の子」。そして私たちが今年、一番力を入れている「雲雀にかわれ」をお送り致します。合唱のハーモニーをお楽しみ下さい。また、毎週火曜と金曜日午後7時30分からワークパル七尾にて練習を行っています。合唱に興味のある方、どなたでも参加できます。是非おいでください。お待ちしています。   問合せ先 〒926 七尾市府中町 260番地 俊友会合唱団 橋屋 愈
 TEL(0767)52-1593 E-Mail mhyt1124@po.incl.ne.jp
 URL http://www.po.incl.ne.jp/~mhyt1124

出演者
指揮者  中村はじめ  ピアノ伴奏  塩崎真希子
ソプラノ 上島真知子  上田 昭子  岡部 順子  勝井 宏美  金岡 逸子
     河野 信子  国分由起子  左近 清美  笹川 清美  三味 春美
     高田 裕子  中村はじめ  中村 由実  橋屋 友子  林 百合子
     藤秀富美枝  伯耆 礼子  山本江見子
アルト  稲村 浩子  尾古富美子  北原ヒロミ  黒崎 美春  桑原 了子
     白根亜希子  杉浦 祥苗  高橋智寿子  津田 京子  西川 明子
     萩原八重子  春木みわ子  古川かおり  村本 道子  森田喜代美
     森山 典子  谷内 仁美
テノール 石橋 良和  大森 俊彦  清水 直也  長岡 慎一  中村  務
     春木  憲  平野 忠男
バス   小島 新生  高橋 一彦  多田 直広  橋屋  愈  脇本 浩伸
 


【PART 5】  競 演 ! 和 太 鼓 と

◇ブラス      「ジャパニーズ・グラフィティ」
          「海鳴り」                  七尾吹奏楽団

◎七尾吹奏楽団は、昭和40年に結成して以来34年間団員不足と言う問題をかかえながらも七尾市内の社会人を中心として20名程で構成されております。団員の中には、学生の時に入団してきて今や子持ちになり、主婦業、育児のかたわらに活動を楽しんでいる方も数名おります。又、レクリエーション行事等も多数企画しており家族ぐるみで参加をしております。もちろん、年1回の定期演奏会のほか、地域の行事には積極的に参加するなど、市民への吹奏楽に対する理解を深めてもらおうと日々努力を重ねております。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

出演メンバー
Cond. 杉森 慎一
Fl. 今村 美香・室塚英美子
CL. 奥井久美子・長田真理子・戸澗 郁恵・堂端 佳子・石橋みどり・磯野 泰子・岡崎 薫
Sax. 片岡 孝志・勝尾 泉・今井 幸子・菊田 務・坂井 重成
Tp. 筒井 一海・林 繁和・松岸 孝志・丸山 了一・江沢 恵巳・奥井 勝彦・多嶋 勇
Hr. 川越 博伸・稲田 美穂・中田 昭代・加治 昌人
Tb. 広目 好秀・橋本 正代・叶田 隆一
Euph. 稲田 猛・源内 豊
Tuba. 岡須 拓美・唐杉 健一
Perc. 福島 雅彦・杉本 崇・川島 由江


【エンディング】  ピアノ で ! フォルテ で ! 合同演奏 !

 ◇コーラス    「大地賛頌」       俊友会合唱団&ドルチェ・ママ
   &ブラス   「翼をください」              &七尾吹奏楽団

◆最後に皆様へお願いがあります。「大合唱」を作り上げましょう。前夜祭の最後に、皆さんと共に合唱するひとときを企画しました。七尾鹿島を始めとする能登の中学校の卒業式によく歌われている『大地讃訟』を客席と舞台で大合唱をしましょう。この歌は母なる大地を讃え、平和を願う歌です。
◆そして、若者の旅立ちの歌「翼をください」で、七尾港のさらなる発展を願いながらしめたいと思います。


    第28回七尾市民音楽祭実行委員会

名誉会長   石垣  宏
名誉副会長   相川  泰  圓山 義一  小田 禎彦  杉野 芳人  宮崎  正
顧    問  小西 賢一  野中 政二  春木 秀夫
参    与  大岩 甚七  国分 秀雄  林  一郎  半浦 昭治
相 談 役   泉  宣勝  津田 俊之  坪内  明  橋元 道彦
会    長  松岡  清
副 会 長   向田 博一  高橋 芳則  閨  正仁
委 員 長   橋屋  愈
副委員長   沢井 裕行  武井 忠仁  中西 清一  広目 好秀  前濱 銀城
委    員  稲田  猛  上原 秀夫  受川 則子  大河  寿  岡崎  清
        岡田雅瑜瑞  柿島 秀吉  亀山 かず  国分由紀子  笹山 洋子
        清水 和男  滝田 静枝  玉木 玉山  玉木雅楽瑜  坪井  薫
        寺井 洋子  中川 高志  中村  務  錦木雅瑜志  羽部 外治
        原田  実  春木 良子  日谷 園利  藤本  隆  別所雅楽津
        宮川 隆之  七尾市中学校文化連盟委員
事務局長   河合百合子
事務局員   北山 達朗  佐伯 弘子

    第28回七尾市民音楽祭製作委員会

会    長  松岡  清
副会長   閨  正仁  橋元 道彦
製作委員長   橋屋  愈
製作副委員長  武井 忠仁  中西 清一  前濱 銀城
製作委員   稲田  猛  上原 秀夫  受川 則子  柿島 秀吉  河合百合子
        北山 達朗  佐伯 弘子  笹山 洋子  沢井 裕行  滝田 静枝
        玉木雅楽瑜  中川 高志  中村  務  広目 好秀

    第28回七尾市民音楽祭当日スタッフ

舞台関係
 総監督   沢井 裕行
 演出   橋元 道彦  広目 好秀
 舞台(総括) 閨  正仁  中村  務
 舞台   稲田  猛  尾崎 豊志  柿島 秀吉  解田  誠
        各団体数名  ボランティアスタッフ
 進行・連絡  北山 達朗  各団体1名
 司会   篠田 敬子
 音響・照明・舞台機構  潟Tーカス
会場関係
 受付   滝田 静枝  俊友会合唱団 七尾商工会議所青年部香り文化推進委員会
 会計・接待  河合百合子  玉木雅楽瑜  佐伯 弘子  ドルチェ・ママ
 会場・準備  前濱 銀城  七尾吹奏楽団  ナナオ・ラブサウンズ  NA6
        七尾市中学校文化連盟委員
 看板等掲示  橋屋  愈
 その他   宮川 隆之  林 チエミ  三野 待子
 駐車場   武井 忠仁  滝田 幸夫  永田まゆみ  鳥居 正子
 かおり   七尾商工会議所青年部香り文化推進委員会
トップページへ