俊友会合唱団 第2回発表会

    わきいでる混声の響き

    日 :平成8年11月24日(日)

    時間:午後2時より

    場所:石川県七尾美術館アートホール

    主催:俊友会合唱団

    後援:七尾市教育委員会、北国新聞社

       社団法人七尾青年会議所

        プログラム
オープニング
  能登の夢    指 揮 大森俊彦
          ピアノ 森山奈美
                  作詞 森繁久彌
                  作曲 岩代浩一

第T部.「たましいの旅」
  混声合唱のための唱歌メドレー
  ふるさとの四季 指 揮 大森俊彦
          ピアノ 中村はじめ
                  編曲 源田俊一郎
  流浪の民    指 揮 中村はじめ
          ピアノ 古川かおり
                  作詞 石倉小三郎
                  作曲 シューマン
                  編曲 市川都志春
第U部.「水の旅」 指 揮 中村はじめ
          ピアノ 解田祥子
  合唱組曲「水のいのち」より
      1.雨
      3.川
      5.海よ
                  作詞 高野喜久雄
                  作曲 高田三郎

休憩

第V部.賛助出演
 御祓中学校合唱部 指 揮 辻口正恵
  ずいずいずっころばし(わらべうた)
                  編曲 萩久保和明
  烏かねもん勘三郎(広島地方のわらべうた)
                  作曲 間宮芳生
  お手玉うた(東京地方のわらべうた)
                  作曲 間宮芳生
  東北地方のわらべうたによる
    「九つの無伴奏女性合唱曲」より
      1.からす
      5.ほたるこい
      8.おわいやれ
      9.べごこ三匹
                  作曲 小倉 朗

 七尾高校合唱部&鹿西高校合唱部
          指 揮 深見 納
汽車ぽっぽ           作曲 本居長世
                  編曲 藤原 真
あったら怖いセレナーデ     作詞 嘉門達夫
                  作曲 嘉門達夫
  ぐずぐずマーチ         オーストリア民謡

第W部.合同演奏  指 揮 大森俊彦 
          ピアノ 辻口正恵
Tomorrow        作詞 杉本竜一
                  作曲 杉本竜一
                  編曲 富澤 裕
大地讚頌            作詞 大木惇夫
                  作曲 佐藤 眞

第X部.「心の旅」 指 揮 大森俊彦  
          ピアノ 中村はじめ 
  スクリーンミュージックより
ライムライト          作曲 C.Chaplin
                  編曲 源田俊一郎
ムーン・リバー         作詞 J.Mereer
                  作曲 H.Mancini
                  訳詞 河西保郎
  ミュージカル「キャッツ」より
  Memory
                  訳詞 浅利慶太
                  編曲 源田俊一郎

    上高地の河童橋で 「水のいのち」の  「川」を歌っている写真

『水のいのち』解説
 雨が降る。静かに雨が降る。
      弱き者の上にも、強き者の上にも。
 雨は、やがて水たまりになる。
      水たまりに青い空がうつる。
 水たまりは、やがて川になる。
      低い方へとひたすら流れる川となる。
 川は、やがて海へと流れ込む。
      人の死さえも静かに受け入れる
               海へと流れ込む。
 海は、いつか高い高い空へとのぼっていく。
空へのぼったものは、再び静かな
           雨となって、地上に降りしきる。
 くりかえし、くりかえし、果てしなく続くこの営みに、
      私たちは自分の人生を重ね合わせる。

 『水のいのち』は全5曲からなりますが、今回は残念ながら3曲だけの披露となりました。深い深いこの曲を、いつか全曲歌ってみたい。そう思っています。

          『水のいのち』指揮者 中村はじめ

       上高地の挿絵

河童橋の麓で
 「梓川に歌声響かせ」七尾の俊友会、きょう上高地で合唱…とさる6月9日、北國新聞紙上に載ったのがつい昨日のことのよう。
 発表会曲「水のいのち」への曲のイメージを自身の目と心で確かめようと上高地に着いた青春組?のメンバー達。
「神河内」「神降地」の語源説もあるように、ケショウヤナギに彩られる梓川の清流、遊歩道沿いに咲く可憐な花、小鳥のさえずり、原生林や湖沼など、上高地はまさに神の地にふさわしく幻想的である。
 小雨降りしきる中歩けば、大自然の中で「生かされている」我身が何と小さな存在であるか、何か恥ずかしくなってしまった。
 恥ずかしいと言えば、河童橋での我々のパフォーマンス。梓川沿いで大勢の観光客の唖然とした視線を感じるままに大合唱。純な仲間が純な気持ちで「川」と対峙する…ただそれだけの目的がその瞬間、見事に達成された。
 家に帰ると家族が言った。「お母さん、お母さんは歌を歌うためだけに上高地に行ったん?」
 「そう、歌うためだけに行ったの…俊友会って最高!」
               ソプラノ  左近 清美
ご挨拶
 本日は、この様に多数の方にご来場いただき、誠にありがとうございます。団員一同感謝の気持ちで一杯です。
 昨年は、“よみがえれ混声の響き”(七尾市における17年ぶりの混声合唱)と題し、設立記念発表会を催しましたところ、好評を得る事ができ、私達も深く感激した次第です。 今年は、年初より難曲「水のいのち」に取り組んでまいりました。巻末にもありますようにイメージ作りの為、実際に上高地へも出向きました。そして、「水のいのち」の「水」と、私たちの思い入れを込めて、“わきいずる混声の響き”という大仰なサブタイトルを付けさせていただきました。
 しかしながら、すべてにまだまだ未熟な私たちですので何卒更なるご支援とご指導のほどお願い申し上げます。
 それでは、晩秋のひと時、合唱のハーモニーをお楽しみ下さい。
           俊友会合唱団 代表  橋屋 愈

ご案内
 毎週金曜日午後7時30分からワークパル七尾にて練習を行っています。合唱に興味のある方、どなたでも参加できます。是非おいでください。お待ちしています。

賛助出演
御祓中学校合唱部     指導 辻口正恵
ソプラノ     メゾソプラノ    アルト
曾福 美穂◎2  長坂雅珠香★ 2  中村 智子◎2
井村 正美 1  冨田 恵子☆◎2  竹内  温 2
佐田味恵子 1  鹿渡 真澄  1  五島加奈子○1
大林 礼  1  越田恵利子  1  堀  直美 1

七尾高校合唱部      指導 深見 納
ソプラノ     アルト       テノール 
鍛冶真沙代◎2  今井 千尋◎2   川口 昌平◎2
奥村 雅美 1  向  和子 2   坡下 真大★2
川本 育代 1  鹿渡 郁恵☆1   和田 隆志 1
手島 嘉美 1  上岸 和美 1   林  博孝 1
黒嶋 紗織 1  柿島 春恵○1        
国分 紗生○1  三野 静枝 1   バス   
         渡部 倫子 1   小西 篤士◎2
         山口久美子 1   坂井 伸行 2
         中村 千春○1   岩野 将士 1
                   大原 純平 1
                   坂下 智宏☆1

鹿西高校合唱部      指導 河野 信子
ソプラノ     メゾソプラノ    アルト
中立 真弓★2  渋谷 明香☆2   笹田 陽子 1
泉  恭子 2  林  葉月 1   越田美友紀 1
丹後千賀子 1  松田 朋子 1   平井ゆかり 1
                   宮内真依子 1

 ★:部長  ☆:副部長  ◎:パートリーダー
 ○:マネージャー
出演者

指揮者    大森 俊彦  中村はじめ

ピアノ伴奏者 解田 祥子  古川かおり  中村はじめ
       辻口 正恵  森山 奈美

ソプラノ         アルト       
荒木 和子        尾古富美子      
石橋満智子        金岡 逸子(パートマネージャー)
上島真知子(パートマネージャー)   川崎 律子      
上田 昭子        北原ヒロミ(コーディネーター)
勝井 宏美        黒崎 美春
河野 信子        桑原 了子      
左近 清美        椎間美津子(会計)  
三味 春美        高橋智寿子     
鴫島 博美(パートリーダー)    西川 明子     
中村はじめ(指導者)   野見 芳子     
中村 由実(パートマネージャー)   萩原八重子     
橋屋 友子        古川かおり(パートリーダー)
林 百合子        古川 裕恵     
藤秀富美枝        村田 恵子     
伯耆 礼子        村本 道子     
山本江見子        森田喜代美     
             森山 典子     
テノール         森山 奈美     
石橋 良和(パートリーダー)    
上島 浩史        バス        
大森 俊彦(指導者)   小島 新生(パートマネージャー)
滝川  清        椎間 弘隆      
長岡 慎一        清水 直也(パートリーダー)  
中村  務(パートマネージャー)   高橋 一彦(ライブラリアン)  
平野 忠男        橋屋  愈(代表)
平戸 哲郎        脇本 浩伸      


今回出場できなかった団員
笹川 清美  塚林つたゑ  成徳 裕子  北村 正毅
佐竹 麗子  林 佐智子  畠山 和子  橋本直建
高田 裕子  和泉 理恵  石橋 哲郎  細谷義男

俊友会合唱団発足後の歩み
平成7年 4月 発足
平成7年 6月 穴水「ささゆりコンサート」参加
平成7年12月 設立記念発表会
平成7年12月 新湊「第九公演」参加
平成8年 6月 上高地「水のいのち」研修旅行
平成8年 9月 全国海づくり大会歓迎アトラクション参加平成8年11月 輪島「第九公演」参加
平成8年11月 第二回発表会
今後の予定
平成8年12月 新湊「第九公演」参加
平成9年 5月 合唱フェスティバル(コスモアイル)参加ご挨拶 
 本日は、“わきいでる混声の響き”と名付けて「俊友会合唱団第二回発表会」を開催致しましたところ、この様に多数の方にご来場いただき、誠にありがとうございます。団員一同感謝の気持ちで一杯です。
 さて、私たちは昨年の4月に発足して以来、団員もこのように増えました。
 また、めでたく、石川県の代表校となりました、御祓中学校合唱部と七尾高校合唱部にもそろって参加してもらっています。また、鹿西高校には七尾高校とジョイントで参加していただいています。このように4団体の出演という事で“わきいでる混声(合唱)の響き”という大仰なタイトルを付けさせていただきました。
 それでは、精一杯歌いますので、時間まで、ごゆっくりお聴き下さい。
 毎週金曜日午後7時30分からワークパル七尾にて練習をしています。一緒に歌いませんか。お待ちしています。
           俊友会合唱団 代表  橋屋 愈


トップページ