オイカワ・カワムツ  −"兄弟"瀬・淵すみわけ−



 オイカワ(写真上)の体色は通常、銀白色に薄い桃色の横じまが見られる程度ですが、産卵期には赤や青緑色の栗しい婚姻色を身にまとうようになります。各ひれも大きくなり、それらを広げて川の中をさっそうと泳ぐのです。

 そのような光景は、福井県のちょっと大きめの河川ならば、普通に見ることができます。今ではありふれた淡水魚の一種になったオイカワですが、もともとは北陸や東北地方には生息していませんでした。もちろん福井具にもです。西日本の限られたところにしか分布していなかったらしいのです。
一体どのようにして勢力を広げていったのでしょう。それはコアユの放流によってなのです。その雑魚に交ざってオイカワも各地へと運ばれていったのです。実はコアユに交ざって運ばれていったのは、オイカワだけではありません。ビワヒガイなども同様に運ばれていきました。しかし、あまり繁殖していません。本県でもまれにしか見られない魚です。

 オイカワが繁殖した理由には、雑食性で汚染に強いことがあげられます。また、深い淵(ふち)や急流部をなくし、ゆるやかな搬ばかりを造ることになった近年の河川改修にも原因があります。河川改修は、ほとんどの魚に恵影響を及ぼします。しかし、瓶を好むオイカワにとっては、この河川改修が好都合に働いたというわけです。
 このオイカワに押されぎみなのが、在来種であるカワムツ(同下)です。体表にある横じまと縦じまの違いで区別できるものの、両者の雰囲気は実によく似ています。それもそのはず、この二種は分類学的には兄弟にあたるのです。
 両者が生息する河川では普通、オイカワは中央部の瀬、カワムツは岸の淵といった具合にすみ分けています。初夏になってアユが川を遡(そ)上してくると、アユはオイカワを追い出して川の中央部に、追い出されたオイカワはカワムツを追い出して岸近くの場所を占領します。すると、岸にいたカワムツは中央部の水面近くへ移動し、アユと共存するようになります。カワムツの主食は昆虫類なので、食性の違うアユとは共存が可能なのです。

 このすみ分けはかなり有名で、生物の授業でも取り上げられることがありますが、あくまでも瀬と淵のある川での話です。河川改修でゆるやかな瀬ばかりになれば、そこはオイカワばかりが目立つようになり、すみ場所をなくしたカワムツは、より上流へと追いやられてしまうことになります。

(丸岡高教輸・松田隆喜)

※福井新聞 2000.01.28「福井の水性動物」より