[もどる] [いちらん] [すすむ]

エディスの魔女ノート・その1
ウィッチ・タロー占い

 このページでは、 魔女が使う色々な魔法や知識をみなさんに紹介していきたいとおもいます。 今回は、ウィッチ・タロー(魔女タロット)を使った占いを紹介しましょう。

ウィッチ・タローとは

   魔女のみなさんなら御存知のように、月は魔女と密接な関係にあります。 ウィッチ・タローは、月の運行に基づいてつくられたタロー・カード。もともと、 魔女の魔法の法則性を体系化する研究のためにつくられた暦札のようなものでしたが、 やがて魔女の歴史のなかで占いの道具に使われるようになりました。
 ウィッチ・タローを使ったカード占いは、水晶占い、宝石占い、 ハーブ占いなどど並んで、魔女のおこなう代表的な占い方法のひとつとなっています。
 占いに使うウィッチ・タローは、できるだけ自分専用のものを用意するよ うにしてください。カードの魔力を保つためには、毎晩月の光に当てるようにするか、 もしくは魔女であるあなたが、常に身につけて一体化をはかることです。
註:位の高い魔女などは、画家に頼んだり、 あるいは自分で描いたりして自分専用のタロー・カードを作ることが多いようです。
 ただし、若い魔女のあなたは、それほど意気込まなくてもかまいません。 たとえば、カード1枚1枚に自分のイニシャルを小さく書きこんだり、 自分の誕生花からつくった香料をふりかけておいたり……ようするに、 どんな小さなものでよいから、「他のカードと自分のカードはちがうんだ」 という「しるし」をつけておけばよいのです。(カードの中の人物に、 ヒゲやシッポを描きくわえて、自分のカードにしてる魔女もいましたっけ)
 占いをするのは夜、特に新月の夜がよいとされています。また、占いをするときは、 しばらくまえから、ラジオ・テレビなどを消し、時計やカレンダーなど“時間” を表すものを目のつかない場所にしまってください。とにかく、「いま何時なのか?」 を気にしないようにすることです。占いを行う場所には、あなたとカードによって (時計が刻むのとは)“別の時間”をつくることが大切なのですから。

ウィッチ・タローの基本操作

 ウィッチ・タローは、カード1枚1枚がそれぞれの意味を持ちます。また、 カードを開いたとき、それが正位置か逆位置かによっても、意味がちがってくるので、 注意してください。
註:各カードの意味については、 175ページからの 「カードの説明」をごらんください。

1.シャッフル

   きれいなテーブルの上にカードを裏にして置き、両手で円を描くように、 まぜあわせます。このとき、占う問題を心のなかで強く想うことが大切です。 心が落ちつくまでまぜたら、ひとつの山にまとめます。

2.カット

   まとめたカードをさらに2〜3の山にわけ、好きな順にもう一度重ねあわ せることにより、カードを切ります。これを「カットする」といいます。

3.カードの正逆について

   自分のことを占うときは、右側を下に、他の人を占う場合は、左側を下にします。
 カードをオープンするときは、正逆が入れかわらないように注意してください。

ウィッチ・タローを使った占い

「おばあさまの教え」(オールマイティ)

 魔女たちのあいだで何代も−−もう気の遠くなるような昔から伝わっている占いです。
 恋愛から全体運にいたるまで、なんでも占える、お手軽な占いです。

<やり方>

 ウィッチ・タロー29枚をシャッフルカットした後、7枚ずつ4つの山に分けます。 (左から1枚ずつ、きちんと重ねていくこと)
 余った1枚は使いませんので、わきに置いておいてください。
 並べ終わったら、山の一番上を、それぞれオープンし、カードを読みます。
 カードが表すものは、次の通りです。
註:地方によっては、この「あまった1枚」を5番目のカード 「占った事柄の全体を暗示するカード」として使うというやり方もあるようです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                                  
 □       □       □       □        
 ↑       ↑       ↑       ↑        
 最初のカードは 現在      第3のカードは 第4のカード   
 過去を表します         協力者     は未来を表します 
                 意地悪な人            
                 解決策など            
                 この件に関わって         
                 くるものを表します        
                                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

「素敵な日、やってこい!」(全体運勢占い)

 今月は、素敵なことが起こるでしょうか? 未来を少し、のぞいてみたいときの占いです。

<やり方>

 ウィッチ・タロー29枚をシャッフルカットした後、 1から順に28まで円を描くようにオープンしながらならべていきます (円の内側がカードの下側になるようにします)。 余った一枚は使わずにそのまま置いておきます。
 カード1枚1枚が、順番にその月の日付に当たります。それぞれのカードを読み、 1ヵ月の運勢を占います。カードの番号と、 置いた場所の日の数が同じことがあるかもしれません。その場合、その日は、 その月のなかでも特にラッキーな日です。素敵なことがおこるでしょう。 カードの意味をくわしく読んでみてください。そのような日がなかった場合は、 その月はおだやかな日がつづくでしょう。
*特に魔女が自分のことを占ったとき、自分の 「暗示」カードが、ラッキーな日を呼ぶことも、 まれにあるでしょう。その場合、カードの意味はかなり強くなります。 その日は、その魔女にとって一生の思い出となる日になるかもしれませんね。
<注意>
 この占いは「魔女暦」に準じていますので、 1月を28日と数えています。
 月齢(太陰暦)暦としていない世界では、そのことに注意して占いをしてください。 (訳注:日本でも、占いの本のコーナーなどで、月齢カレンダーが見つかるはずです)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
               □                  
           □   1   □              
        □   28     2   □           
      □  27           3  □         
       26               4          
    □25                   5□       
                                  
   □24                     6□      
                                  
  □23                       7□     
                                  
  □22                       8□     
                                  
  □21                       9□     
           □:あまった一枚は              
   □20        使いません        10□      
                                  
    □19                   11□       
       18               12          
      □  17           13  □         
        □   16     14   □           
           □   15   □              
               □                  
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

『まだ見ぬあなたへ……』(恋占い)

 古くは人探しの占いだったと言います。大切な人には、いつ会えるのでしょうか?
 「姫」 のカードを取りのぞいた残り28枚をシャッフルカットした後、裏にしたまま、4枚ずつ7列にカードをならべます。
註:「姫」=ナンバー2のカード。 “若い女性”を意味するカードでもあり、 このような占いのときには、対象の女性をあらわすことになります。
 次に、7列のうち4列目(つまり真ん中)のカードの左側に「姫」のカードをおき、 そのすぐ右側(4列目1行目)のカードをオープンします。 このカードが占ってもらっている人の、いま置かれている状況です。 (ここで「戦士」のカードが出たばあい、 占ってもらう人の運命の相手は、もうそこにいます。 もういちど、すぐ近くを探してみてください)
註:「戦士」= ナンバー27のカード。“若い男性”を意味し、 「姫」のカードと対応しています。
 「戦士」のカードでなかったばあい、全てのカードをオープンします。
「戦士」のカードは、どこにありますか?
 どの列にあるか、は、占ってもらう人が、いつその相手に出会うかを表し ています。(つまり、1列目が遠過去、7列目が遠未来、となるわけです)
 どの行にあるか、は、その相手が、どのぐらい近くに現れるかを表しています。 1行目がごく近くに、そして行が右へいくほど、相手は遠い存在として現れるのです。 また、「戦士」と「姫」の間にあるカード全てが、2人の間にある、様々なもの (協力者、恋敵、状況など)を表します。
 「戦士」のカードが正位置だったばあい、あなたの恋はうまくいきそうですが、 逆位置だったばあい、悲しい結果になるかもしれません。
●男の子に、この占いを頼まれた場合は、逆に「戦士」のカードを除いた28枚をならべ、 「姫」のカードを探すようにしてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
                                   
         1行目  2行目  3行目  4行目        
                                   
          □    □    □    □ 1列目(遠過去)
                                   
  このカードは  □    □    □    □ 2列目(過去) 
占ってるあなたを                           
    表します  □    □    □    □ 3列目(近過去)
      ↓                            
姫のカード □   □    □    □    □ 4列目(現在) 
         /                         
        / □    □    □    □ 5列目(近未来)
この位置に戦士の                           
カードがあったら  □    □    □    □ 6列目(未来) 
あなたの運命の                            
相手はすぐそこに  □    □    □    □ 7列目(遠未来)
                                   
          ごく近く 近くの  やや遠く 遠い        
           の存在  存在   の存在  存在       
                                   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


[もどる] [いちらん] [すすむ]

ウィッチクエスト 小さな魔女エディス 下巻
編著者・監修 冒険企画局 SGM01764@niftyserve.or.jp
HTML版製作 さうす@いんくる south@incl.or.jp