[もどる] [いちらん] [すすむ]

3.戦闘

註:「3.戦闘」のルールは、あなたが望むなら、まったく使わなくてもかまいません。 戦いがないRPGを行ってもよいのです。 (たとえば、上巻のリプレイにおいては、 2つの物語のどちらでも、まったく戦闘は行われていないのです)
 あなたのキャラクターは、 冒険の上で幽霊や怪物、わからず屋など、さまざまな敵と戦うことになるかもしれません。
 この章で説明する戦闘(肉体を使った戦い)は、猫の役割が大きくなる でしょう。(魔女の解決法は魔法であり、 もし戦いになったときすら、魔女は魔法で戦うことが多いのです)

3…1.戦闘のやりかた

 戦闘のとき、魔女も猫も、それぞれ2個のダイスをふることができます。
何人かのキャラクターと協力して戦う場合は、ひとり2個ずつ、 みんなでふってください。このとき 【1】 の目が出たなら、敵に攻撃が命中したことになります。逆に 【6】 の目が出たなら敵の攻撃があなたに当ってしまったことになります。 (もちろん、 【1】 の目がふたつ出たら、あなたの2回攻撃が命中したことになりますし、逆に 【6】 の目がふたつ出たら、敵の攻撃が2回も当ってしまったことになります)
 もし、 【1】 の目と 【6】 の目が同時に出た場合、“敵の攻撃も、あなたの攻撃も命中した”ことになりますが、 あなたが望むなら(自分の命中をあきらめるかわりに)敵の命中を防ぐこともできます。 いいかえれば、 【6】 の目は、 【1】 の目を使って打ち消してしまうことができるわけです。
 仲間のキャラクターと共に戦っている場合は、誰かが出してしまった 【6】を、 他の人が出した 【1】 を使って、打ち消すこともできます(仲間をかばうことができるわけですね)。 これを「カバーする」と呼びます。

3…2.攻撃力とダメージ

 あなたのキャラクターの攻撃が命中した場合、敵はダメージを受けます。
 ダメージは、キャラクターの「攻撃力」によって決ります。

C3…2.猫の攻撃力とダメージ

 あなたの「攻撃力」は 「強さ」と同じです。1回命中するたびに、 あなたの「強さ」の分だけ、敵のHPを減らすことができます。
 逆に、あなたのキャラクターに敵の攻撃が命中したときは、 あなたのキャラクターがダメージを受け、 HPが減ります。 敵の「攻撃力」に応じて、ダメージを受けてください。
 「攻撃力」が「ダイス*個」となっている場合、命中のたびに、その個数の ダイスをふって、ダメージの数を決めることになります。

W3…2.魔女の攻撃力とダメージ

 あなたの「攻撃力」は、基本的に「0」です。あなたは、 攻撃がいくら命中しても、相手のHPを減らすことができません。 (あなたの 【1】 の目は、もっぱら他のキャラクターのカバーに使われることでしょう)
 逆に、あなたのキャラクターに敵の攻撃が命中したときは、 あなたのキャラクターがダメージを受け、 HPが減ります。敵の「攻撃力」に応じて、 ダメージを受けてください。

3…3.戦闘中の魔法

 魔女も猫も、戦闘中に魔法を使うことができます。 その場合、ダイスを2 個ふるかわりに「魔法を使う」と宣言してください。
 魔法の使い方は、「4.魔法」を参照してください。

C3…4“しっぽをかけた戦い”(選択ルール)

 猫は、戦闘のダイスをふるさいに「しっぽをかけて戦う」ことを選択する ことができます。その場合、必ず、戦闘のダイスをふる前に、 「しっぽをかけて戦う」と宣言してください。ダイスの目を見てから宣言したり、 宣言を取り消したりすることはできません。
 この戦いかたを選ぶ場合、 【1】 に加えて 【2】 の目も自分の命中とできます。その代りに 【6】 に加えて 【5】 の目も相手の命中となってしまうので注意してください。

C3…5.戦闘による経験

 その戦闘によって減らした相手のHPと同じだけの 「猫ポイント」を使われたことになります。
(つまり、戦闘を行って相手を傷つけるほど、猫にとっては得になりますし、 魔女にとっては得になりません。魔女は、なるべくなら戦いは避けるように したほうがいいでしょう)

[もどる] [いちらん] [すすむ]

ウィッチクエスト 小さな魔女エディス 下巻
編著者・監修 冒険企画局 SGM01764@niftyserve.or.jp
HTML版製作 さうす@いんくる south@incl.or.jp