[もどる] [いちらん] [すすむ]

5.経験と成長

 冒険を重ねれば、「経験」がたまり、 キャラクターは、成長することができ ます。
 成長の仕方は魔女と猫は違います。しかし、どちらも、より優秀な魔女、 より優秀な猫になっていく点では同じです。

5…1.猫ポイント

 「猫ポイント」が、 猫の魔法の力を表すことは、述べましたが、 これは、魔女と猫が挑む冒険の困難さ(シナリオ の規模や難易度)も表します。
 「猫ポイント」は、シナリオの開始時に ゲームマスターから与えられます。 そのポイント数はシナリオごとに指示されていますが、 ゲームマスターが自作したシナリオの場合、その規模や難易度によって、 自分で設定してください。
 ふつうのシナリオの場合、猫ポイントは「100」とします。
 長いシナリオや困難なシナリオの場合、150〜300、
 短いシナリオや簡単なシナリオの場合、30〜50を目安と考えてください。

W5…2.魔女の経験

 シナリオ終了時に、使われず残った「猫ポイント」が、 「魔女の経験ポイント」になります。
 「猫ポイント」は、冒険中に、猫の助けを借りるたびに、どんどん使われていきます。 猫の助けを借りると、確かに魔女は助かりますが、猫に頼っていては、 自分の経験にならないわけです。

C5…2.猫の経験

 シナリオ中に、使われた「猫ポイント」は、 「猫バンク」に入ります。「猫バンク」の数字が、猫の経験を表すのです。
註:例えば、シナリオ終了時までに、20ポイントの「猫ポイント」を使っていたら、 「猫バンク」の数字が20ふえることになるわけです。
 「猫ポイント」は、冒険中に、魔女に力を貸すたびに、どんどん使われていきます。 パートナーたる魔女を多く助ければ、それはすなわち猫の経験とな るわけです。
 猫は、できるだけ魔女を助けながら冒険を進めると、 速く成長できることになるでしょう。

W5…3.魔女の成長

 魔女は、「魔女の経験ポイント」 が50に達するたびに、成長することができます (50のとき、100のとき、150のとき……と続きます)。ただし、 この儀式は、月に一度おこなわれる 魔女夜会でされますから、 条件に達していても、魔女夜会の日がくるまでは、成長できません。
 成長は、以下の4種類があります。一度の成長で行われるのは、 4つのうちのどれかひとつだけです。(1)〜(4)のどれを選ぶかは、 自分で決めることになっていますが、まれに魔女夜会の 夜会長の気まぐれによって、 勝手に決められてしまう場合もあります。
(1)ファクターの上昇
ファクター のどれかを1あげることができます。
ただし、どのファクターも12より大きくすることはできません。
註:ただし、ファクターが上昇することによって スキルの数が変ることはありません。
(2)スキルの上昇
:スキルのどれかをダイス1個ぶんあげることができます。 すでに持っているスキルをさらに伸してもいいですし、 新たなスキルを取ってもかまいません。 ただし、ひとつのスキルを12より大きくすることはできません。
註:ただし、新たなスキルを得ることによって、 ファクターの数字が上がることはありません。
●ファクターの数字と、スキルの数が同じなのは、 最初キャラクター をつくった時点だけです (『光と闇のレジェンド』の成長ルールと違うので注意してください)。
(3)魔法力の上昇
ウィッチ・タローシャッフルして、 1枚引きます。そして、引いたカードに対応した月齢日の 魔法力 をダイス1個ぶんあげることができます。 この結果、上がった魔法力が、他のどの日よりも強くなったとき、 魔女の「暗示するカード」 が変更されることになります。
註:一番数値の高い魔法力が複数になった場合、タロー・カードをひいて、 「暗示するカード」をひとつだけ決めてください。(たとえば、月齢5日目と 月齢12日目の魔法力が、両方とも一番大きな数になってしまった場合、 「恋人(5)」のカードと 「夢(12)」 のカードを裏返しにしてシャッフルし、どちらかを選び、 選んだほうのカードが「暗示するカード」になります)
また、「トリックスター」 を引いてしまった場合、「*」の欄の魔法 力がダイス1個ぶん増えることになります。その魔女の「暗示するカード」や 「影の暗示のカード」 が「トリックスター」でないかぎり、それはしばらく意味のないものとなります。 (*の欄の魔法が一番強くなれば、暗示するカードが 「トリックスター」になりますが、そうならないかぎりは関係ないというわけです)
(4)ヒットポイントの上昇
ヒットポイント をダイス1個分増やせます。

C5…3.猫の成長

 猫は、「猫バンク」にたまったポイントを使って、 自分の体を立派にしていくことができます。それは、ためた貯金を使って、 品物を買うのに似ています。 体の各部分が立派になると、それにつれて、 「強さ」 「美しさ」 「ヒットポイント」 「マジックポイント」 が上がっていきます。これが猫の成長です。
 ただし、この作業は、月に一度おこなわれる 猫の月例集会でしかできない ので、ポイントがたまっていても、猫の月例集会の日がくるまでは、成長できません。
 どれぐらいのポイントで、どのようなものが得られるかは、以下に一例を あげておきます。使ったポイントはなくなってしまいますし、払い戻しもできません。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
名前(効果)                   購入ポイント   
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
りっぱなヒゲ(強さが1アップ)           20      
きれいなヒゲ(美しさが1アップ)          20      
がんこなヒゲ(ヒットポイントが3アップ)      20      
ふしぎなヒゲ(マジックポイントが3アップ)     20      
するどい爪(強さが2アップ)            50      
りっぱなしっぽ(美しさが2アップ)        100      
きれいな声(美しさが3アップ)          100      
りっぱな毛並み(美しさが2アップ)         80      
すてきな瞳(マジックポイントが10アップ)    100      
するどい歯(強さが2アップ)           100      
しなやかな体(美しさと強さが2ずつアップ)    100      
がんじょうな体(ヒットポイントが10アップ)   100      
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*ヒゲは、1匹の猫につき、3つまで購入することができます。
 ほかのものについては、1つだけです。          
 それぞれにつき、特殊な効果もあります。詳しい説明や他のものについては、 続巻が出たさいに紹介する予定です。

5…4.経験に関する禁止事項

 「魔女の経験ポイント」「猫バンク」のポイントも、 キャラクター 個人の経験をあらわすものですから、他の魔女や、 他の猫とポイントの貸し借りをすることはできません。
 ましてや魔女と猫のあいだで、ポイントの貸し借りをするなど、言語道断です。






[もどる] [いちらん] [すすむ]

ウィッチクエスト 小さな魔女エディス 下巻
編著者・監修 冒険企画局 SGM01764@niftyserve.or.jp
HTML版製作 さうす@いんくる south@incl.or.jp